11月 152013
 
 2013年11月15日  日本, 保険医療公衆衛生

「日本の税収は43兆円です」

ーーーーーーーーーーー
 厚生労働省は14日、2011年度に医療機関の保険診療に対して支払われた国民医療費が、前年度比3・1%増の38兆5850億円になったと発表した。

 1人当たりの医療費は同3・3%増の30万1900円で、いずれも5年連続で最高を更新した。

 厚労省は「医療の高度化と高齢化が増加の要因」と分析している。国民所得に占める国民医療費の割合は、前年度から0・51ポイント上昇して11・13%となった。

 年齢別の国民医療費は、65歳未満で17兆1354億円だったのに対し、65歳以上は21兆4497億円と全体の5割以上を占めた。1人当たりの医療費で見ると、65歳未満は17万4800円、65歳以上は72万900円だった。

(2013年11月14日19時01分 読売新聞)