7月 212014
 
 2014年7月21日  日本

531pic112002c

南洋の概要

拓務省の監督下にあり、一般行政については拓務大臣の指揮監督を受けた。しかし郵便、司法、関税などの事務については所轄の各大臣の監督を受けた。

南洋群島は国際連盟の委任統治領であるため、南洋庁は日本の諸法令の他に国際連盟理事会が制定した「委任統治条項」にも服する義務があった。

委任統治条項の内容

地域住民の福祉のための施政を行う義務(第2条)
奴隷売買・強制労働の禁止(第3条)
土着民に対する酒類供給の禁止(第3条)
土着民に対する軍事教練の禁止(第4条)
軍事基地設置の禁止(第4条)
信仰の自由及び国際連盟加盟国民による聖職者の行動の自由(第5条)
毎年、施政年報を国際連盟に提出する義務(第6条)


7月 092014
 

日本支援で建設の比校舎、日の丸が韓国国旗に 台風支援の韓国軍が塗り替える?
2014.7.9 08:15 [日韓関係]
asi14070908150003-n1
今年7月に撮影された写真。壁に書かれた文章はフィリピンと韓国に関する内容に変わり、日章旗があった位置には韓国国旗が描かれている(提供写真)

今年7月に撮影された写真。壁に書かれた文章はフィリピンと韓国に関する内容に変わり、日章旗があった位置には韓国国旗が描かれている(提供写真)

 日本政府の支援によってフィリピン・レイテ島に建設された小学校で、「日比協力」の印として校舎の壁面にフィリピン国旗と並んで描かれていた日章旗が消され、韓国国旗に塗り替えられていたことが8日までにわかった。日本政府も確認しており、フィリピン教育省に経緯を問い合わせている。

 塗り替えがあったのは、1997年度の円借款で建設されたレイテ州パロ市のバラス小学校。複数の韓国メディアは、昨年11月に現地を直撃した台風30号の被災地に入った韓国軍の復旧支援部隊が6月下旬、「3市で復旧作業を行い、14の学校の屋根や窓を修理した後、太極旗(韓国国旗)を描いた」と伝えている。

 日本外務省は韓国の報道で事態を把握し、塗り替えを確認。通常、日章旗が描かれた看板などを取り除く場合はフィリピン側から相談があるが、今回はなかった。ほかの学校でも塗り替えがないか確認している。


5月 072014
 
 2014年5月7日  日本, 教育, 文化

http://penji.net/1kotu1.htm

ボールペン字上達の3つのコツ

ボールペン字が上手になるには、一体どのようなことに気をつければいいのでしょう。ご存知のように日本語の場合は、漢字、ひらがな、カタカナ、数字、アルファベットなど、多様な字が使われています。

これらの字の上達のコツを一つ一つ取り上げると、かなりの数になってしまいます。これらを全て頭に思い描きながら、ボールペン字の練習をするのは、なかなか難しいものです。

そこで、ほとんどの日本語に共通する、ボールペン字上達のコツを、3つだけに絞り込んで、取り上げました。

たった3つだけですが、これを実践するだけで、ずいぶんあなたの字の印象は違ってくるはずです。お試しあれ!
上達のコツ1. 文章全体の形を整える

このサイトの、字が下手っていうのは?のところでも触れましたが、字の上手下手は1つの字だけではなく、文章全体から受ける印象が大きく左右します。

例えば、次のような文章がその一例です。(少し誇張してあります)

ARRANGE

この2つを比べてみると、どうでしょう?

書体は同じでも、字の配置を変えるだけで、こんなにも印象が違ってきます。字で悩んでいる方は、この配置がよくない場合が非常に多いのです。

このように、字の配置を目配りして、文章全体を整った感じにすることが、ボールペン字上達のコツの1つといえます。

字の配置は、等間隔に見えるように書いて、横書きであっても縦書きであっても、字の中心線を意識して書きます。
上達のコツ2. 横画は角度を揃える

私達が字の横画を書く場合は、少し右肩上がりに書くのが自然ですし、その方が書きやすいものです。

一般的には、4~6度ぐらい右肩上がりで書くのが、よいといわれていますが、正確な角度を気にするよりも、あなたが一番書きやすい角度で書けば、それで十分です。

字には、それぞれ個性がありますので、右肩上がりのきつい書き方をする人や、その逆の人もいますが、あまり気にする必要はありません。

ただし、漢字でもカタカナでも、必ずその角度を揃えるように、心がけること。これがすごく、大切です!
これ1つを実践するだけでも、ずいぶん文章全体の印象がよくなります。

ANGLE

なお、ひらがなは、少し例外がありますので、詳しくはひらがな上達のコツをご覧ください。
上達のコツ3. 字の大きさにご注意

字の大きさは漢字を基準にして、ひらがなは一回り小さく書き、カタカナ、数字、アルファベットはさらに一回り小さめに書きます。

つまり、漢字>ひらがな>カタカナ・数字・アルファベット順の大きさに書くと文章全体で、バランスがよくなります。(上手く見える)

例えば、次のように。

SIZE

これを見比べると、同じマス目に同じ大きさで書くと、カタカナやひらがなは、
必ず漢字より大きく見えます。だから、カタカナやひらがなには、ちょっと遠慮してもらって、小さめに書くのがコツです。

◇◇◇◇◇
以上3つが、ボールペン字上達のコツです。

あまりにもあっけないので、ちょっとガッカリしましたか?
それとも、
もっと、ハッ!とするようなコツだと思いました?

あなたにそう思われると、少し残念(涙)

でも一度この3つのコツを、試してみてください。以前あなたが書いた、手書きの文書なら何でもかまいませんので、この3つだけに注意して練習のつもりで、書き直してみてください。