12月 292013
 
 2013年12月29日  求人, 国際協力機構

こんにちは。JICAエルサルバドル事務所の佐々木と申します。

この場を借り、長期専門家1名の公募についてご案内させていただきます。

先月末に公募を開始しておりますが、適任者からご応募いただくことが叶わず、

当事務所勤務の企画調査員を添付のとおり引き続き募集しているものです。

適任者にお心あたりがございましたら、是非とも周知下さいますようお願いします。

なお、本専門家のTORに求められる要件を精査した結果、

必要な語学力のレベルを「西検3級/DELE初級程度」に見直し、

また、防災分野や環境・衛生分野のご経験や専門性を不要としました。

詳しくは、国際協力キャリア総合情報サイト(PARTNER)からご確認ください。

http://partner.jica.go.jp/PartnerHome

ご照会がございましたら、当方までお気軽にお問い合わせくださいませ。

本件照会先:JICAエルサルバドル事務所 佐々木健太

1.担当業務

「防災体制の強化プログラム」、「環境・衛生改善プログラム」に含まれる案件の

円滑な実施、案件間の相乗効果促進、各案件およびプログラム全体についての

モニタリング・評価、成果の情報発信、新規案件形成などに携わってもらいます。

2.勤務先:エルサルバドル国 JICAエルサルバドル事務所

3.派遣予定期間:2014年4月上旬~2015年4月上旬

(※ ご本人とJICAの合意により任期延長を行う可能性があります。)

4.求める人材像:開発途上国におけるODA業務や類似業務経験

(JICAボランティア経験等含む)などを5年以上有することが望ましい。

また、西検3級もしくはDELE初級程度の西語能力を有すること。

日々の業務においては、JICAエルサルバドル事務所内の

エルサルバドル人スタッフや日本人スタッフ、

各案件のカウンターパート機関や日本人専門家との密な連携、協力が求められます。

5.参考情報

エルサルバドルに対する日本からのODAの全体像については、

外務省ウェブページの「対エルサルバドル共和国事業展開計画」を参照下さい。

計5つの協力プログラムを実施しており、そのうち「東部地域開発プログラム」と

「防災体制の強化プログラム」に重点的に取り組んでいます。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/seisaku/houshin/pdfs/elsalvador-2.pdf