7月 272012
 
 2012年7月27日  日本

ロンドン五輪・サッカー男子1次リーグD組第1戦(26日、U23スペイン0-1U-23日本、英グラスゴー)5大会連続9度目の出場となる日本男子代表は、スペインを前半34分の大津祐樹のゴールで撃破。初戦で優勝候補を破る大金星を挙げた。

 日本は下馬評を覆し、スペインと互角に渡り合う健闘。前半34分、扇原の右からのCKをゴール前の大津が、右足で押し込み先制した。21日の強化試合・メキシコ戦は途中出場で決勝ゴールを決めた大津が、2戦連発でスタメン起用に応えた。

 さらに41分、永井が中央突破を図ったところ、押し倒したイニゴ・マルティネスがレッドカードで一発退場。日本は数的優位にたった。

 後半5分、東が強烈なミドルシュートを放つも、相手GKの横っ飛びで得点はならず。後半13分、永井がゴール前に持ち込んでシュートを放つも、ゴール右に外れた。

 さらに後半15分、今度は清武がゴール前に持ち込み、左足シュートを放つが、これもゴール左に外れたが、数的優位の日本は猛攻を仕掛けた。

 後半42分、永井が正面から持ち込みGKと1対1に。左足シュートを放つも止められ、アディショナルタイムで山口が決定機を外し、追加点は奪えなかったものの、日本は大きなピンチもなく、そのまま逃げ切った。