3月 272019
 
 2019年3月27日  ラテンアメリカ, 友情

2015年、日本は中米5ヶ国との外交80周年を迎えた。 中米諸国は、主に地域内の経済統合を目的として、中米統合機構(SICA)を設立した。(SICA加盟国:エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、ベリーズ、ドミニカ共和国) 国際協力機構(JICA)は、SICA加盟国に対し、これまで教育、保健医療、防災などの共通した課題解決のため“広域協力”を展開し、人々の暮らしの改善に貢献してきた。着実な発展を遂げてきたSICA加盟国だが、社会・経済の課題は残されている。JICAは、インフラ整備、気候変動対策、環境保全、ジェンダーといった地域共通また地球規模の新たな課題解決にもSICAとの「対等なパートナー」として取り組んでいく。 これまでの日本の協力と中米各国からの期待・中米との友好関係の深化について紹介する。