4月 032019
 

#一帯一路 エクアドル共和国は中国の一帯一路構想に協力している南米の小さな国です。このほど、中国の出資で建設したダムが稼働から2年後、7600ヶ所にひび割れが発生していることがわかりました。 今回ひび割れが発生したコカコドシンクレア水力ダム(Coca Codo Sinclai dam)は、活火山の下に位置しているため、地質学者からはその危険性を指摘されていました。案の定、稼働からわずか2年で、数千カ所にひび割れが生じ、ダムは堆砂(たいさ)や樹木で塞がれているといいます。 当初の計画ではダムの建設によって、エクアドルのエネルギー需要を解決し、貧困からの脱出を手助けするはずでした。しかし、返って官僚の汚職腐敗をもたらし、巨額の債務を背負う羽目になりました。 現在、ダム建設に関わったほとんどの官僚が拘禁、または収賄の疑いで有罪判決を受けています。中には前副大統領や電力部門のトップも含まれています。 エクアドルは中国から190億ドルを借り入れ、大橋や高速道路、学校、ダムなどを建設しています。借金返済のため、石油の8割を安価で中国に輸出しなければなりません。 エクアドルのカルロス・ペレス(Carlos Pérez)エネルギー長官は、「中国はエクアドルからうまい汁を吸い上げている」「中国の戦略は明らかだ。他国の経済をコントロールしようとしている」と述べています。


4月 032019
 
 2019年4月3日  日本, 環境管理

国の調べによると、庄内海岸は海岸線の長さあたりのごみの密度が非常に高いとされている。 ボランティアの方々にとって、手で特に拾いづらいのは砕けたプラスチックの破片。 このようなごみを回収しようと、地元の学生たちが海岸清掃機を考え出した。 清掃機で砂を掘り起こし、ふるいにかけると、手で拾うより安全かつ効率的に作業ができる。 また、流木の再資源化についても研究している。 流木をただのごみとするのではなく、炭にして再資源化している。


12月 272013
 
 2013年12月27日  中国, 環境管理



Heavy smog blanketed China’s financial hub Shanghai, causing air pollution in the city to spike to a record high on Friday (December 6).
The city saw levels of PM2.5, or particulate matter with a diameter of 2.5 micrometers, reach a reading of 600 at 3 p.m. local time (0700 GMT), the local environmental protection bureau said.
Levels above 300 are considered hazardous, while the World Health Organisation recommends a daily level of no more than 20.

Visibility was reduced to less than 50 metres (164 feet) in some areas in the city.
Some flights have been diverted or cancelled as a result, and facial masks were snapped up from shop shelves.
Residents complained about hazy skies and foul smells that have become symptomatic of the country’s crippling smog crisis.
“I have difficulty in breathing. I feel uncomfortable. My throat felt funny after I went home. I hate going outside. It was fine in the subway. But the air quality is terrible outdoors. Visibility is also bad, as well as my mood,” said 34-year-old Xue Zhiyu.
Another Shanghai dweller, Fan Jianjun, said he was alarmed when he saw that the pollution reading on Friday morning was off the charts.

“I don’t think it’s fit for humans to live in this kind of environment. But I have no choice. I still need to go to work. I can only take some precautions, and I have no idea whether they work. I just want to give myself some comfort. That’s all,” Fan said.
Smog has been plaguing a large swathe of eastern China for days. Pollution has all but shut down Harbin, one of northeastern China’s largest cities, where visibility was reportedly reduced to 10 metres (33 feet).
Meteorological authorities expect the hazy weather to ease from Saturday (December 7) when a cold front hits.