8月 272014
 
 2014年8月27日  技術

10年前のコンピューターでも使えます。私が使ってるこのPCはLinuxBeanが入ってる東芝製のネットブックです。19インチのディスプレイに接続しています。なかなか快適です。

日本製はLinuxBean、Kona Linuxです。

参考リンクです。
http://no-windows.blog.jp/archives/7712595.html

http://tomo-home.mimoza.jp/anna/paso/Liux_Bean.html

英語が良ければ
Puppy Linux, Bodhi Linux等があります。

軽量と定義されるディストリビューション

Absolute Linux
Arch Linux – 上級者向け
BasicLinux – Intel 386と3MBのRAM容量で動作する非常に軽量なディストリビューション
Basix – ユーザーのカスタマイズを想定した軽量ディストリビューション
Bodhi Linux – Ubuntu 10.04をベースにした軽量で最低限の●●しかないディストリビューション
CrunchBang Linux
Damn Small Linux – 「486DXと16MBのRAM容量で十分」
Kona Linux – WindOSから派生したディストリビューション。
LinuxBean – 初心者でも使いやすい軽量ディストリビューション
Lubuntu – Ubuntuと比べて軽量
Porteus – 300MB以下
Puppy Linux – 他のほとんどのLinuxディストリビューションと比較して軽量
Slitaz – 25MBのディストリビューション
Tiny Core Linux – 11MBのディストリビューション
XPUD – 64MBのディストリビューション
Wolvix
Xubuntu – UbuntuやKubuntuと比較して軽量
Zenwalk – SlackwareをベースとしたOS
SLAX – SlackwareをベースとしたOS
WindOS – Debianをベースとしたライブディストリビューション。起動時のイニシャルメモリ消費量が60mb以下。開発が停滞している。
 ZorinOS