3月 302019
 

① 朝鮮戦争に見る近代史の真実

近くて遠く、理解が及ばない国、朝鮮(北朝鮮&韓国)。米朝会談はなぜうまくいかなかったのか?朝鮮半島が抱える諸問題は、まず第一に朝鮮戦争を紐解かなければ、その本質は見えてこない。 ディープステートが動かしてきた、戦争と革命の近代史を、戦後の朝鮮半島を舞台に考察します。

② 米国DSは北朝鮮を温存してきた

朝鮮戦争に参加したマッカーサー、クラーク、ウェデマイヤーという将校たちによる回想録から、歴史の真実を紐解く馬渕睦夫。その時、トルーマン大統領とマーシャル国防長官の背後にいたディープステート勢力は、現代まで北朝鮮を温存してきたという。 トランプ大統領は新しい扉を開けることができるのだろうか。もうこれ以上、無駄な戦争で無駄な血を流してはならない。