3月 202012
 

中国専門商社の伊藤忠がチャイナプラスワンに動き出す。注目です。

以下産経ニュースです 12.3.19 23:22

商社が中国などへの食材調達先の一極集中を回避するため、アフリカに代替産地を求める動きを強めている。伊藤忠商事は、サントリーなど6社とともに、モザンビークから白ゴマの開発輸入に乗り出す。日本が輸入する白ゴマの約9割を依存する中南米に続く産地開拓で、安定調達につなげる。中堅専門商社も、日本が約9割を中国に頼るトウガラシの輸入をアフリカにシフトし、「チャイナプラスワン」の新たな食料基地に位置づける。

伊藤忠は2月末に、ゴマの健康食品を販売するサントリーや不二製油、ゴマ油の竹本油脂など6社と、大豆とゴマをモザンビークから開発輸入する研究会を立ち上げた。

日本市場に合った種子開発や、食の安全を確保する栽培技術、土壌改良も指南する。来月半ばには、国際協力機構(JICA)が主催するモザンビークの農業ミッションにも参加し、計画づくりに入る。

日本のゴマ輸入約16万トンの3分の1強を占める食用白ゴマは現在、ほとんどを中南米に依存する。かつては大半を中国から輸入していたが、中国が世界最大の輸入国に転じ、需給が逼迫(ひっぱく)。「中南米で干魃(かんばつ)が起きれば安定調達が揺らぎかねない」(伊藤忠)との危機感から調達先の多様化に取り組む。非遺伝子組み換えの大豆開発も手がけ、現地の貧困層の食料事情の改善にも貢献する。

 スパイス輸入商社の小林桂(神戸市中央区)も、年内にモロッコからのトウガラシ輸入を開始し、中国一辺倒の調達を見直す。農薬検査や異物混入対策を実施した上で、年内にも、モロッコの契約農家からトウガラシを輸入し、数年で1千トン規模に増やす。

 同じアフリカ地域でも、カカオの輸入の約8割を依存するガーナ以外の産地開拓を進めるため、日本貿易振興機構(ジェトロ)が開発輸入費用の一部を出し、調査団を派遣するなど、民間を支援する。


3月 152012
 
 2012年3月15日  国際協力機構

シニア海外ボランティアメールマガジン~なんでも相談会~2012年3月15日号

◆シニア海外ボランティア「なんでも相談会」@JICA地球ひろば、JICA横浜

3月25日(日)~5月5日(土)の毎週土・日にシニア海外ボランティアOB・OG
が応募を考えている方のための個別応募相談会を開きます。相談員の専門分野
とスケジュールも公開しています。
https://jica.smartseminar.jp/cc/?c_d=NxgsG5vOtpUD-5108%26p_e%3D34482


3月 122012
 
 2012年3月12日  国際協力機構

JICAから

JICAメールマガジンは、国際協力に関心のある方々に向けてJICAが月に2回発行する、メールサービスです。JICAの最新情報や、現地で活動するボランティア、専門家、職員の声、募集案内、イベント情報などをお送りいたします。

そのほか、JICAメールマガジン号外は、皆さんの身近なJICA情報を不定期で配信いたします。

JICAメールマガジンの登録、登録内容の変更、配信の停止は、それぞれ以下のボタンをクリックして行えます。なお、登録は無料です。どうぞご利用ください。

登録  登録内容変更  配信停止


3月 082012
 
 2012年3月8日  国際協力機構

本は重たいからいいアイデアです。

 

http://partner.jica.go.jp/e-doc/index.html

こちらに掲載するコンテンツは、平成21年6月にJICA国際協力人材部 総合研修センターが発行したJICA国際協力人材赴任前研修の副教材冊子「JICAプロフェッショナルの挑戦」を、デジタル書籍化して公開するものです。

同冊子は、始めて赴任される専門家が、技術協力プロジェクトをイメージしやすいように、また、途上国での困難に直面している方々、またこれからチャレンジをしようと準備している方々に、大いなるヒントと勇気を与えられればという主旨のもと、技術協力におけるJICA専門家の方々の努力の軌跡を取りまとめたものです。

広く開発教材として活用することも念頭におき、できるだけ読みやすい内容に絞って作成されておりますので、これを機会により多くの方々にご一読いただければと思います。