3月 202012
 

2012年3月19日 サンパウロ発

2月から始まったブラジル・メキシコ間の自動車協定の見直し協議について3月15日、両政府は合意したことを確認した。具体的な変更点は、新たに自動車の無関税輸出に上限枠を設定することと、メキシコ側の現地調達率の段階的な引き上げだ。今回は協定廃止を迫られたメキシコ側が譲歩したとみられる。

通商弘報  4f6693377dbb8


3月 202012
 

中国専門商社の伊藤忠がチャイナプラスワンに動き出す。注目です。

以下産経ニュースです 12.3.19 23:22

商社が中国などへの食材調達先の一極集中を回避するため、アフリカに代替産地を求める動きを強めている。伊藤忠商事は、サントリーなど6社とともに、モザンビークから白ゴマの開発輸入に乗り出す。日本が輸入する白ゴマの約9割を依存する中南米に続く産地開拓で、安定調達につなげる。中堅専門商社も、日本が約9割を中国に頼るトウガラシの輸入をアフリカにシフトし、「チャイナプラスワン」の新たな食料基地に位置づける。

伊藤忠は2月末に、ゴマの健康食品を販売するサントリーや不二製油、ゴマ油の竹本油脂など6社と、大豆とゴマをモザンビークから開発輸入する研究会を立ち上げた。

日本市場に合った種子開発や、食の安全を確保する栽培技術、土壌改良も指南する。来月半ばには、国際協力機構(JICA)が主催するモザンビークの農業ミッションにも参加し、計画づくりに入る。

日本のゴマ輸入約16万トンの3分の1強を占める食用白ゴマは現在、ほとんどを中南米に依存する。かつては大半を中国から輸入していたが、中国が世界最大の輸入国に転じ、需給が逼迫(ひっぱく)。「中南米で干魃(かんばつ)が起きれば安定調達が揺らぎかねない」(伊藤忠)との危機感から調達先の多様化に取り組む。非遺伝子組み換えの大豆開発も手がけ、現地の貧困層の食料事情の改善にも貢献する。

 スパイス輸入商社の小林桂(神戸市中央区)も、年内にモロッコからのトウガラシ輸入を開始し、中国一辺倒の調達を見直す。農薬検査や異物混入対策を実施した上で、年内にも、モロッコの契約農家からトウガラシを輸入し、数年で1千トン規模に増やす。

 同じアフリカ地域でも、カカオの輸入の約8割を依存するガーナ以外の産地開拓を進めるため、日本貿易振興機構(ジェトロ)が開発輸入費用の一部を出し、調査団を派遣するなど、民間を支援する。