8月 132016
 
 2016年8月13日  日本, ロシア, 文化, 歴史, 満洲

1984年、大阪で一本の古いフィルムが発見された。1943年に満州映画撮影所で製作され、太平洋戦争下の作品としてクオリティ、規模ともに“奇跡”と 言われた伝説の映画『私の鶯(うぐいす)』だった。主演は満州映画を牽引したスター、李香蘭。作品は日本、満州の共同製作で“ミュージカル映画”だ。
戦況が激しさを増す中、現在の貨幣価値として約8億円とも言われる製作費を投じる作品が作られた背景には、平和と芸術を心から望む映画人たちの情熱があった。