4月 042019
 

2017年に導入された「インターネット安全法」にアメリカが憤激しています。この勝手気ままなルールはプライバシーを侵害するだけではなく、あらゆる産業への参入障壁になっているからです。


4月 032019
 

#一帯一路 エクアドル共和国は中国の一帯一路構想に協力している南米の小さな国です。このほど、中国の出資で建設したダムが稼働から2年後、7600ヶ所にひび割れが発生していることがわかりました。 今回ひび割れが発生したコカコドシンクレア水力ダム(Coca Codo Sinclai dam)は、活火山の下に位置しているため、地質学者からはその危険性を指摘されていました。案の定、稼働からわずか2年で、数千カ所にひび割れが生じ、ダムは堆砂(たいさ)や樹木で塞がれているといいます。 当初の計画ではダムの建設によって、エクアドルのエネルギー需要を解決し、貧困からの脱出を手助けするはずでした。しかし、返って官僚の汚職腐敗をもたらし、巨額の債務を背負う羽目になりました。 現在、ダム建設に関わったほとんどの官僚が拘禁、または収賄の疑いで有罪判決を受けています。中には前副大統領や電力部門のトップも含まれています。 エクアドルは中国から190億ドルを借り入れ、大橋や高速道路、学校、ダムなどを建設しています。借金返済のため、石油の8割を安価で中国に輸出しなければなりません。 エクアドルのカルロス・ペレス(Carlos Pérez)エネルギー長官は、「中国はエクアドルからうまい汁を吸い上げている」「中国の戦略は明らかだ。他国の経済をコントロールしようとしている」と述べています。


3月 302019
 

① 朝鮮戦争に見る近代史の真実

近くて遠く、理解が及ばない国、朝鮮(北朝鮮&韓国)。米朝会談はなぜうまくいかなかったのか?朝鮮半島が抱える諸問題は、まず第一に朝鮮戦争を紐解かなければ、その本質は見えてこない。 ディープステートが動かしてきた、戦争と革命の近代史を、戦後の朝鮮半島を舞台に考察します。

② 米国DSは北朝鮮を温存してきた

朝鮮戦争に参加したマッカーサー、クラーク、ウェデマイヤーという将校たちによる回想録から、歴史の真実を紐解く馬渕睦夫。その時、トルーマン大統領とマーシャル国防長官の背後にいたディープステート勢力は、現代まで北朝鮮を温存してきたという。 トランプ大統領は新しい扉を開けることができるのだろうか。もうこれ以上、無駄な戦争で無駄な血を流してはならない。


3月 272019
 

本プロジェクトは、ミャンマーにおいて、送配電系統技術に関わる人材育成計画、研修プログラム、および研修機能を構築することにより、送配電系統の開発、運用維持管理に従事する人材の能力向上を図り、もって電力供給の信頼性、効率及びエネルギーアクセスの向上に寄与するものです


3月 252019
 

説明 ロシアに住んでいて反日教育を受けていない韓国人の正直な発言。「日本人とロシア人はする事が全然違うんですよ」
在ロシア韓国人「あなたは日本に住んでいるのに、どうして韓国籍なのですか?」
在日韓国人リポーター「・・・・・・・・・・・・・」