3月 202012
 

2012年3月19日 サンパウロ発

2月から始まったブラジル・メキシコ間の自動車協定の見直し協議について3月15日、両政府は合意したことを確認した。具体的な変更点は、新たに自動車の無関税輸出に上限枠を設定することと、メキシコ側の現地調達率の段階的な引き上げだ。今回は協定廃止を迫られたメキシコ側が譲歩したとみられる。

通商弘報  4f6693377dbb8


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください