JICA語学力審査

 

青年海外協力隊・日系社会青年ボランティアの応募に際し、必要となる語学力の目安は、中学卒業程度の英語力(英検3級もしくはTOEIC®スコア330点)に設定しております。この目安は合格後の派遣前訓練において語学力を修得する素地があるかどうかを確認することを目的として設定しています。

つきましては、応募をお考えの方は、まず英検3級もしくはTOEIC®スコア330点の取得を目指してください。(JICAが作成している語学力目安表においては「Dレベル」となります。)

また、既に上記Dレベルの語学力をお持ちの方は、実際に現地で求められる語学力のレベルは要請によって様々ですので、ご希望の要請の内容 をご確認ください。

なお、実際に派遣された後、活動において使用する言語は現地の方々が日常的に使っている言語ですので、その種類は様々です。英語やフランス語、スワヒリ語など、派遣国や要請によっても異なります。活動上使用する言語は、合格後の派遣前訓練等でしっかりと修得する機会がありますので、ご安心ください。(語学免除者研修受講者を除く。)

シニア海外ボランティアは、現地住民が使用する言語を用いて活動します。そのため、派遣前に、訓練所において65日間の訓練を受け、各受入国で必要となる言語を習得します。(語学免除者研修、経験者研修受講者を除く)

選考時には、訓練所で語学学習をする上で、最低限必要とされる語学力の素地を確認することを目的に英語の語学力審査を行います。(全員)

なお、選考指定言語(受験言語)として、「西語必須/任意」、「仏語必須/任意」とされている要請が一部あります。その要請を希望される場合は、英語に加えて、仏語または西語についても審査対象となります。

(コメントー>語学レベルはAでないと、現地では大変見たいですね。)

語学レベル TOEIC® 代替可能な資格 西語 仏語
A 十分なコミュニケーションが可能
730点以上
英検1級、準1級
TOEFL®550点(CBT213点、iBT79点)以上
国連英検A級またはB級
IELTS6.0以上
ケンブリッジ英検(FCE、CAE/CPE)
ビジネス英検(BEST)グレードA、B
GTEC650点以上
JICA専門家定期テスト200点以上
通訳案内業(案内士)試験合格
西検1級、2級、3級
DELE B2以上
JICA専門家定期テスト180点以上、
通訳案内業(案内士)試験合格
仏検1級、準1級、2級
DELF B1
仏語能力認定試験(TEF)4以上
仏文部省認定仏語能力テスト(TCF)3以上
JICA専門家定期テスト180点以上
通訳案内業(案内士)試験合格
B どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている
640点以上~
730点未満
TOEFL®500点(CBT173点、iBT61点)以上
IELTS5.0以上
GTEC560点以上
JICA専門家定期テスト180点以上
西検4級
DELE B1
JICA専門家定期テスト150点以上
仏検準2級
DELF A2
仏語能力認定試験(TEF) 2以上
仏文部省認定仏語能力テスト(TCF)2以上
JICA専門家定期テスト150点以上
C 限られた範囲内での業務上のコミュニケーションが可能
500点以上~
640点未満
英検2級、
TOEFL®470点(CBT150点、iBT52点)以上
国連英検C級
IELTS4.0以上、
ケンブリッジ英検PET
ビジネス英検(BEST)グレードC
GTEC510点以上
JICA専門家定期テスト150点以上
西検5級
DELE A2
仏語3級
D 日常会話程度
330点以上~
500点未満
英検準2級、3級、
TOEFL®410点(CBT103点、iBT34点)以上
GTEC300点以上
DELE A1 仏語4級

※Dレベル以上の資格が有効です。